実を言えば解説した手法を

間接カードの手法は簡明です。

クレジットカードを経由して直接支払えない物品を直で取引するという手段ではなく、間接的に購入していけばより良いです。

概略が明快という根拠により金券の実例を使って示してみようと思います。

例にあげようとしている男性が素晴らしいアクセサリーを持ちたいとそれを見つめているようです。

買いたいブランド服を売っている場所では購入したくてもカード払いができないのです。

けれどもMasterCard、NICOSなどのギフトカードによってなら払う事を許してくれるといいます。

ですのでとある人物はクレジットで金券を注文する事ができる金券カードショップに訪れクレジットカードを使用してMasterCard、Diners clubなどのギフトカードを注文します。

そして使用したカードを使って買ったVISA、Diners clubなどの金券を販売店に持参して向かい、購入したかった高価な財布を買い取ったとします。

「どうして商品券で購入した女性はそういった手の込んだ事をしてるの?」と思う人もいるでしょうが実を言えば解説した手法を利用すると一般獲得する事はなかったクレジットカードポイントがもらえます。

現金を払う事で価値のあるバックを取り寄せしたりした場合でもカードローンポイントはつきませんしJCB、Diners clubなどのギフト券を即金で購入してから使用しても獲得できません。

でも今示した例であるならVISA、Diners clubなどの商品券をクレジットカードで注文したという理由で一流のカバンを注文したときと等しい数だけクレジットカードポイントがもらえるようになります。

こういう場合が直接商品を買わずにクレジットを用いた事になっているので、直接商品を買うのでないクレジットと呼ばれる方法です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.bigreadnola.com All Rights Reserved.