月中以降については次の月の金利というようなもの

キャッシングというものをしましたら月々指定の日時、銀行口座などから自動引き落としで弁済がなされていくでしょう。

テレビCMで現金自動支払機で時を構わず返済というものが可能であると言及されているのですがそれは自動引き落しとは別口で引き落しする際のに関して言及してます。

かような引き落しを、繰り上げ弁済と言って、残金全部を出す返済を総額前倒し支払、一部金を弁済するような引き落しを一部金早期支払と言っています。

これは、一時的収入等で財布に予裕というものがある時には自動現金処理機や銀行振込等により、一部金または全てに関してを支払するということができるわけです。

なおかつこのようなことだけではなく繰り上げ返済にはメリットというのが数多くありまして欠点というものは全く見当たりません。

これらのメリットとは、別口で支払いする事によって元本自体に関して少なくするというようなことが可能ですので支払回数が少なくなるので利子も軽減でき弁済全額そのものを圧縮可能で、一挙両得な弁済手法となるのです。

ただ忠告したいことは、いつごろ前倒し支払いするかということです。

金融機関は弁済日時とは別の締めがと言うのが存在したりします。

仮に月中が締め日であったとして来月10日支払だと仮定しますと、月中以降については次の月の金利というようなものを含めた弁済金額に決定してしまったりするのです。

説明すると、15日以後繰り上げ支払しましても、来月の支払額は決定していますからその期間に早期返済した場合であっても来月分の支払い分にはさっぱり影響をしないのです。

よって繰り上げ支払といったようなものがすぐ様作用を与するようにするには、支払い日時の翌日からその次の締め日の前日までのタイミングで繰り上げ弁済する必要があります。

ですがこのような時の利息の差引というのは極めて小さいものです。

それくらい気にしない場合は、随時任意に前倒し弁済していきましょう。

そのかわり多少なりとも節約しようと考える人は支払い期日から〆までの期間に繰り上げ支払いすることをお勧めします。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.bigreadnola.com All Rights Reserved.