www.bigreadnola.com

カードローンの引き落し方法というものは、ローン会社各個でだいぶギャップというものがありまして、多様なメソッドが選択されてます。一般的にはスライド法やリボルディング方法が選ばれているみたいです。こういった誰しも知っているリボ払ですが、本当を言えば算出方式に様々な法というものがあります。それゆえその手法によって支払合計額が異なってきてしまいますので知っておいて損なことはないはずです。それではやさしく2つのやり方のギャップについて説明します。ひとつは元金均等払いで、もう一つは元利均等払いです。両者はそう呼ばれているように、元金に関してを均分にして払っていくというのと、元本と利息についてを全部で均分に払っていく様式です。今回はもし10万円借金したとし実際のところ如何様な算定をするか試してみます。利分に関してはいずれも15%と仮定し試算します。更にリボ払に関する支払は1万円というように試算します。まずは元金均等払いです。斯様な事例の最初の支払いについては1万円に金利分の1250円を加えた支払いになります。次回の支払に関しては1万円に対して利息分の1125円を加えた支払額となるのです。かくして全10回で支払を終了させると言う様式となります。これに対して元利均等払いというものははじめの引き落しは1万円ですが元本へ8750円利率に1250円といった具合に割り振ります。次の支払に関しては元金が8750円に減った状態にて利息を算定してその1万円を更に分配します。詰まるところ、元利均等払いの場合では10回で引き落しが終了しない算定になってしまうのです。たったこれだけのずれで二者がどのくらい違っているかがたっぷりわかったでしょう。元利均等とは元金均等に比肩して明瞭に元金が減少するのが遅くなっているというような難が存在したりするのです。すなわち金利といったものを多く返済するといった状況になります。他方はじめの支払いが些少な額ですむというような利点も存在するのです。斯様な引き落し方式の差異により支払い総額というものが異なってきますので自分の計画に合う使用法を取るようにしてみてください。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.bigreadnola.com All Rights Reserved.