www.bigreadnola.com

カードキャッシングといったものをすることになると月ごとに指定の時、口座から自動の手続きにて弁済がなされていくはずです。ラジオ等のCMなどで自動現金処理機で時を構わず支払というのが可能であると言ってますが、それは毎月の弁済と別に返済する折のことを言及してます。その支払いを前倒し弁済と呼び、残金全ての額に関して返済支払いを全額一括返済、一部金を弁済してしまう支払を一部早期支払いと言います。これというのは、一時的所得などのもので金銭にゆとりというものが有る場合はATMからや口座送金により一部分ないし総額について支払することが出来るのです。かつこのようなこと以外に前倒し弁済にはプラスというものがおおくあって弱点はほぼ見当たりません。これらの利点とは、別口により弁済することによって、元金総額について少なくするということが出来るので支払い回数というものが少なくなるので利子というものも削減でき弁済全額そのものを低減可能ですので一挙両得の支払形式なのです。ただし注意しておきたい点はどのような時前倒し弁済するかという点です。金融機関には支払回数と他に締め日がというものがあったりします。たとえば15日締め日で来月10日の返済だと仮定しますと月中から以降に関しては次の月の利子というようなものをひっくるめた支払金額が決定してしまったりするのです。これは月中から以降前倒し支払したとしても次月分の返済額が確定してますので、そのスパンで早期支払いした場合であっても来月の支払い金額に対してはいささかも効果がありません。繰上支払というのがすぐ様効果を与する為には、支払日の明くる日からその次の〆め日の来る前までの期間に繰り上げ返済してしまう必要があったりするのです。ただ、こんな事例の金利の差というのはきわめて少額です。そんなくらいは眼中にないという方は、時を構わず任意に早期支払いしてください。だけれどちょっとでも節約しようと考える方は、支払日時から〆め日までのタイミングで前倒し支払いするべきでしょう。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.bigreadnola.com All Rights Reserved.