www.bigreadnola.com

借金の支払方式というものはクレジットカード会社によってだいぶギャップというものがありまして、いろんな方式が選ばれています。類型的にはスライド方式やリボ方法がとられているようです。またかかる多くの人が知っているリボ払いでも、実を言うと計算形式には様々な形式というものがあったりするのです。よってそのよう手法によっては引き落し合計額が変わってしまうのですから、知っていて損はないでしょう。では理解しやすくそれぞれの形式のずれに関して説明します。一つ目は元金均等払いで、次は元利均等払いです。それぞれその名のとおり元本を均一に支払っていくというものと元金と利率に関して一緒にして均分に返済していく方法になります。ここでは10万円借りたというように具体的にどのような算出をしていくのか試してみます。利回りは両方とも15%と仮定して算定します。更にリボ払に関する返済を1万円と仮定し計算します。差し当たって元金均等払いのほうからいきましょう。かくのごとき場合の最初の支払は1万円に対して利率分の1250円を加えた返済額となります。次の支払については1万円へ利息1125円を足した引き落とし金額となるのです。こういうようにして10回分にて返済を終えると言う方法となります。これに対して元利均等払いは初回の返済に関しては1万円ですが元本へ8750円、利息へ1250円といったようにして割り振りをします。次の返済については元本が8750円に減った状態で利息を算定しその1万円から再び分配します。別のことばで言えば、元利均等払いの事例では10回で引き落しが完済しないという算定になります。これだけのギャップで二者がどのくらい相違しているのかたっぷり分かって頂けたことかと思います。元利均等とは元金均等に比べ、明瞭に元金が減少していくのが緩やかといった非といったものがあります。則ち利息というものをおおく支出するというようなことになります。反面、1回の引き落しが小さな金額で落ち着くという長所というものもあったりするのです。斯うした支払い形式のずれにより、引き落し合計金額は異なってくるので自身の計画に合致した方針を取るようにしましょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.bigreadnola.com All Rights Reserved.